新潟ときめき生協は、8月16日、17日、産直協定を結んでいる米産地(6産地)の現地確認会を実施しました。
 年度当初に取り交わした産直米栽培基準に基づいて、農薬・化学肥料の使用(削減)状況など、書類の確認や、生産者の話を聞いたり田んぼを見たりしながら、組合員理事と生産者、職員が、コメの生育状況や栽培管理状況をいっしょに確認しました。
 自然環境を守りながら米づくりを続けていきたいという、生産者の強い想いと実践を肌で感じた現地確認会でした。

 新潟ときめき生協の産直産地は県内6産地。そのうち、予約登録米は4産地から出荷されます。生産者の想いが込められ、その実践を確認した「ときめき有機産直米」「ときめき産直米」。
 組合員の皆様の予約登録をお待ちしています。詳しくは、先週と来週配付のチラシをご覧ください。


【新潟ときめき生協の産直米の栽培基準…2017年産】
〇ときめき有機産直米:有機JAS認証米
〇ときめき産直米:一作付期間(年間)通して…
 ・化学肥料:10アールあたりチッソ成分使用量3kg以下
   新潟県の慣行栽培(6~10kg)の50%以下(50%以上削減)
 ・化学合成農薬:トータル3成分回数以下(殺虫剤1成分回数+除草剤2成分回数以下、または除草剤3成分回数以下)
   新潟県の慣行栽培(殺菌剤、殺虫剤、除草剤等17~19回)の18%以下(82%以上削減)
 ・環境への生態リスクやADI値の高い農薬(ネオニコチノイド系など殺虫剤7成分、除草剤1成分)は優先的に排除する。


【産直協定産地】
〇新潟有機米生産組合(新潟市江南区、阿賀野市)
〇潟東減農薬米生産者の会(新潟市西蒲区)
〇鵜森味じまん(加茂市)
〇そりまち農園(長岡市)
〇ファーミングスタッフ(柏崎市)
〇平井ファーム(上越市中郷区)